床材の大切さ 後から簡単には変えられない

\インスタグラムもやってます!follow me!/

インテリアの要素で一番大切なものは?
という問いをお客様から受ける。床、と私は即答する。
新築だと床を何にするか、というのは非常に重要な問題だからだ。

実は壁を何にするかとか 洗面化粧台を何にするかとか
きらきら高いシャンデリアをつけるとか
そういったものは後からいくらでも変えられる。
壁紙はそうそう気軽には変えられないが、でもそれでも床に比べればはるかに簡単に
張り替えたり塗りなおしたりタイルを張りこんだりリフォームしやすいのである。

でも床は大変。大がかりな工事になる。おおごとだ。
だから床こそ絶対に後悔しないものを選ぶ、長く愛せるものを選ぶべきなのだ。

床材には本当にいろいろな選択肢がある。
え?フローリングでしょ?といってもその中でも多種多様なものがある。
なかなか一人では選べないという複雑さである。

そこでプロの助言が必要なのではと思う。
手入れにしやすさや見た目、ライフスタイルなど複雑な要件を整理して

最適なものを選ぶ。本当にお施主様一人では難しいとおもう。

こちらのサイトで徐々に情報を提示して手助けになれば、と思っている。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました