モデルルームの仕事は楽しいけれどかなり重労働

\インスタグラムもやってます!follow me!/

モデルルームのお仕事をいただきました。
さほど大きくないお部屋なのですが、とにかく低予算。
こうなると小物を100円ショップで買うなどのアラワザが必要になります。
家具やファブリックを安物にするととたんに部屋のグレード感が下がりますので
できません。

いや、ベッドのマットレスは実際に寝ないので激安雑貨店の(名前は伏せます(笑))
一番安いもので済ませます。でもその上のカバー類は高級ファブリック(笑)
昨日一日、小物を買いまくり、筋肉痛になりました、
本当に重労働です。

この小物買いは設置が一番大変。段ボールから大量の食器や雑貨を出して飾って片付けて。
私はあまりモデルルームの仕事はやらないのですが、やっている友人はもう年だとつらい。
小物買いだけアウトソーシング(外注)する、と言っていました。
今はネットでも食器とかフォトフレームとかホイホイ買えますから、昔より楽になりました。

ただ、テーブルセッティングを考えながら食器を買うのは本当に楽しい。
小物でかなりインテリアって変わります。
センスの良しあしが露骨に出ますから、気が抜けません。
だいたいオシャレな人のおうちに行くと 小物がオシャレです。
食器がオシャレです。まずスーパーの棚に陳列されているような食器は出てきません。
作家ものかしら。。?というものや 北欧のオシャレなブランドのものとか

とにかく家がオシャレな人は食器もおしゃれ。要するに住む人の美意識なのでしょうか。

モデルルームはモデルルームだから生活していないから綺麗なのよ、
あんなの絶対無理よ、というお客様がいますが、私はいつ突然行ってもモデルルームのように美しく住んでいる人々を何人も知っています。
要するに日々の美意識なんでしょうか。散らかる前に片付ける。
家の中に美しくないものを絶対に入れない。
もらいものであろうがお香典返しだろうが申訳ないが趣味に合わない雑貨は家に置かないし

スムーズにリサイクルしてとにかく家は主の趣味で統一されている美しい家。

モデルルームよりもむしろ 温かみがあって ユニークさがあって素敵かもしれません。

生活感丸出しの家になっている方は
とにかく 美しく住まおう、という決心をまずしたほうがいいと思います。それは

ある程度の年齢以上の女性がいつもきちんとヘアメイクして綺麗な服を着ている女性と

残念なことになっている女性がいるように要するに志なのだと思いますね。
サッシの溝にこってり固まった埃が蓄積されているお家を訪問するたびに

まずインテリアの前にやるべきことがあったりするなあ。。。とちょっと思う私です。
どんなに高級な家具やカーテンをかけても そのあとそれを維持する決意がなければ

モデルルームのような暮らしは永遠に手に入りません。
でもそこまで説教じみたことを私がお施主様にいうのもどうかと思うわけで。そのあたり
悩みますね。

とのかくモデルルームは重労働仕事です。憧れている人も多いのですが3Kの仕事ですね。でも とっても楽しい仕事であることも間違いなく。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました