家具は楽しい

いろんなお打合せをお客様とする中で

一番楽しいのは置き家具のお打合せではないでしょうか?
もちろん 素敵なカーテンの打ち合わせも テンション上がり素敵なのですが、
壁紙やタイルや無垢のフローリングを決める時も ワクワクしますが

やっぱりソファやダイニングテーブルなどいわゆる 脚モノと言われる家具を
お客様とショールームに見に行くときほど楽しいものはありません。
なぜなら

脚モノの家具は 明らかに 体と触れる家具で、そしてその家具が暮らしに入ることで
お客様の暮らしは必ず変わるからです。

正直、壁紙やカーテンがどんなに素敵でも「あ、素敵いいな」という気持ちに影響はありますが、やはり体に触れて支えたりする家具の持つ力は計り知れないのです。

体を休める、支える、という家具は人を癒します。文字通り。
それが手触りや形状が体にフィットしてかつ見た目も美しければ
愛すべき家具になること間違いありません。

家に帰ればあのソファに座れる、椅子に座れると思うとワクワクするような。
そんな脚モノ家具がある暮らしって幸せではないでしょうか?

ICの責任は重大です。
形や大きさ張り地、椅子ならシートハイ(座る座面の高さです)が

お客様に合っているかどうかをきちんとチェック。

けれど、ソファの座り心地だけは好みが多少入るので、一概に強くお勧めすることが

できません。私は気に入っていてもお客様がその座り心地を気に入るかどうかわからないからです。
なにやら結婚紹介所の仲人のような。。。。、?(笑)

そうかもしれないですね。ソファを選ぶって人生の伴侶を選ぶようなもの。

しっかりして長く付き合えて飽きないような。でも長く愛しいと思えるもの。。。。。。。

まさに夫(妻)選びではないでしょうか。

そんなこと考えながらこのサイトでは私が出会った家具のお店やブランドについても

少しずつつづっていきたいと思います。
ちなみ私の家はアルフレックスのAsofa です。20年座っていますが、今でも

とっても気に入っています。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました